株式会社フィックスターズ (以下「当社」といいます) は、当社が提供する「FlashAir Developers」 (以下「本サービス」といいます) の利用について以下のとおり本規約を定めます。

1.総則

(1) 利用者は本規約の内容を遵守して本サービスを利用するものとします。

(2) 本規約は、本サービスの利用に関して、当社・利用者間に適用されます。

(3) 当社は、理由のいかんを問わず、本サービスを利用したことを以って、利用者が本規約に同意したものとみなします。

(4) 当社は、利用者への事前の告知なく本規約の内容を変更できるものとします。変更後において利用者がなお本サービスの利用を継続した場合には、利用者が当該変更に同意したものとみなします。

2.本サービスの権利

本サービスに関する全ての著作権 (編集著作物に対する権利を含みます) は、当社もしくは当社がライセンスを受けた第三者に帰属します。利用者は、本サービスを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める私的使用の範囲を超えて利用することはできません。転送・複写・改変等の行為も認められません。

3.禁止行為

(1) 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下に該当する行為およびその恐れのある行為を行なってはなりません。

- 本サービス内で利用しうる情報の改ざん

- 当社、他の利用者およびその他第三者の財産、信用、名誉、プライバシー、その他権利 (知的財産権、パブリシティ権、肖像権等を含みますがこれらに限りません。) を侵害し、または侵害する恐れのある行為

- 他の利用者または第三者に無断で当該人物の個人を特定できる内容を公開する行為

- 過度あるいは不適切に特定の外部Webサイトへ誘導することが目的と判断される行為

- 有害なコンピュータプログラム等の送信および書き込み

- 当社、他の利用者およびその他第三者を誹謗中傷し、または名誉を傷つける行為

- 公序良俗に反する行為

- 犯罪的行為を助長、または当該行為の実行を暗示する行為

- わいせつな文書や図画を他人に公開する行為

- 営利を目的とした行為

- 宗教活動および政治的勧誘に該当する行為

- 本サービスの運用・利用を妨げる行為

- その他、法令に違反する行為または違反する恐れのある行為

- その他、当社が不適当と判断する行為

(2) 利用者が前項に定める禁止行為を行った場合には、当社は利用者による本サービス利用を停止することができるものとします。

(3) 前項各号に該当する行為によって、当社が何らかの損害を被った場合には、利用者は当社が被った損害を賠償するものとします。

4. 商標情報

Fixstars、フィックスターズ、Fixstarsロゴは、株式会社フィックスターズの登録商標です。FlashAirは東芝メモリ株式会社の商標です。その他の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

5. 免責事項

(1) 当社は、本サービスにより提供する情報の正確性、完全性、有用性等を保証するものではありません。当該情報に起因して利用者および第三者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとします。

(2) 本サービスの利用にあたり、利用者においてデータ消滅・滅失、業務中断、機会損失、その他あらゆる性質の損害 (付随的・派生的損害、間接損害、逸失利益、特別損害等含む) が生じたとしても、当社は一切責任を負わないものとします。事前に利用者が当社に対して前記損害等の発生の可能性を通知・告知していたとしても同様とします。

(3) 本サービスの利用にあたり、利用者が他の利用者およびその他第三者に対して損害を与え、または損害を被り、もしくは当該者間で紛争等が生じた場合であっても当該者間にて解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

6. 本サービスの中断

(1) 当社は、以下の事由により、利用者に通知することなく、一時的に本サービスの提供を中断し、または制限することがあります。本サービスの中断、制限による損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
- 当社のシステムの保守、点検、修理などを行う場合
- 火災、停電または天災地変により本サービスの提供ができなくなった場合
- 運用上または技術上、本サービスの提供ができなくなった場合
- その他、当社が中断・制限をせざるを得ないと判断した場合

7. 本サービスの変更・停止・廃止

当社は、利用者への事前通知なく、本サービスの内容を変更し、停止しまたは廃止することができるものとします。

8. ID/パスワード

当社から利用者に対してIDおよびパスワード等が付与された場合、利用者はこれらのIDおよびパスワード等を第三者に開示・漏洩することのないよう必要かつ十分な注意義務をもって取り扱うものとし、IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者使用等による損害は、利用者自身が負うものとします。

9. 当社から利用者への通知方法

当社から利用者に対する通知は、本規約に特段の定めのある場合を除き、本サービス上での掲示またはその他当社が適当と認めるその他の方法により行なうものとします。

10. 準拠法および裁判管轄

本サービスに関し利用者と当社との間で紛争が生じた場合の準拠法はこれを日本法とし、専属合意管轄裁判所は、訴額に応じて東京簡易裁判所あるいは東京地方裁判所とします。

2013年 5月 24日 初版