FlashAirアプリ開発に関してよくある質問と答えを公開しています。質問したい内容が見つからない場合は、デベロッパーフォーラムで質問を投稿してください。

FlashAirは、無線LAN機能を搭載したSDHC/SDXCメモリカードです。無線LANを搭載しているパソコン、スマートフォンなどであれば、別の機器に挿入されているFlashAirのデータにアクセスすることができます。
詳細はこちらをご確認ください。
http://www.toshiba-personalstorage.net/product/flashair/sduwa/index_j.htm
FlashAirは接続機器により、応答しにくくなる場合があります。メーカーの動作確認済み機器リスト をご参考ください。
また、同時に複数の要求を受けた場合にも、応答しにくくなる場合があります。 一度に投げるリクエストは、1つ(多くとも2つ)にすることをお勧めします。
FlashAirの一般的な使い方に関するご質問(例:対応機器、アプリの使い方、接続方法)や、FlashAirの故障、接続トラブルについては、下記のサポートセンターへ直接お問い合わせください。
http://www.toshiba-personalstorage.net/contact/media/index_j.htm
FlashAirの一般的な使い方に関するご質問(例:対応機器、アプリの使い方、接続方法)や、FlashAirの故障、接続トラブルについては、下記のサポートセンターへ直接お問い合わせください。
http://www.toshiba-personalstorage.net/contact/media/index_j.htm
FlashAirに無線LAN接続したPC上のウェブブラウザから、ファイル一覧やファイルのダウンロードができます。また、APIを使って行うこともできます。
詳細については、FlashAirアプリ開発の概要 の「FlashAirとのHTTP通信の種類」をご覧ください。
FlashAir自体の電波の届く距離を延ばす方法はありませんが、中継機となる無線LANアクセスポイント(ルータなど)があれば、FlashAirをステーションモードに設定して無線LANを中継することで、遠くのFlashAirに接続するという方法があります。
ステーションモードの設定方法については、上級者向けチュートリアル - ステーションモードの利用 をご覧ください。
SSIDは、1~32文字の間で設定してください。スペースを含めることはできませんのでご注意ください。
FlashAirの出荷時のパスワードは、「12345678」です。
ネットワークキー(パスワード)は、8~64文字で設定してください。また、0文字(未設定)とすることも可能です。
スペースを含めることはできませんのでご注意ください。
FlashAirの一般的な使い方に関するご質問(例:対応機器、アプリの使い方、接続方法)や、FlashAirの故障、接続トラブルについては、下記のサポートセンターへ直接お問い合わせください。
http://www.toshiba-personalstorage.net/contact/media/index_j.htm
SSIDはCONFIGファイルにてどなたでも確認できます。パスワードはFlashAirの再起動でパスワードに設定した文字が「*」に置き換えられますので、設定者以外知りえない状態とすることは可能です。
マスターコードは、SSIDやネットワークキー(パスワード)を設定する際のパスワードとして使われる12ケタの16進数の数字です。
未設定の場合は、config.cgi で各種設定を変更する前に必ず、マスターコードを設定する必要があります。
マスターコードはFlashAirに格納されているCONFIGファイルに記されています。
CONFIGファイルはFlashAirの "/SD_WLAN/" に配置されており、テキストエディタなどで開くことができます。 "/SD_WLAN/"は隠しフォルダとなっておりますので、隠しフォルダ表示の設定を有効にしてご確認ください。
ブラウザを使用している端末及び無線LAN親機がFlashAir対応プロトコル(NetBIOS over TCP/IP または Bonjour)に対応しているかご確認ください。
詳細については、上級者向けチュートリアル - ステーションモードの利用 の「対応プロトコルによる問題」をご覧ください。
標準ではFlashAirへデータをアップロードする機能は無効化されています。アップロード機能の有効化やアップロードする方法については以下のページをご参考ください。

はい、できます。FlashAirのIPアドレスを指定する方法はCONFIGファイルを編集する方法とLuaスクリプトを実行する方法の2つがあります。

方法1: CONFIGファイルを編集して指定する方法
CONFIGファイルに以下を追加編集します。上から順に、DHCPの無効化、FlashAirに指定したいIPアドレス、無線LANのサブネットマスク、無線LANのデフォルトゲートウェイの設定になります。(※設定値は接続先の無線LANの環境に合わせて変更してください)

DHCP_Enabled=NO
IP_Address=192.168.43.10
Subnet_Mask=255.255.255.0
Default_Gateway=192.168.43.1

方法2: Luaスクリプトを実行して指定する方法
以下のLua関数を実行するスクリプトに組み込みます。左から順に、FlashAirに指定したいIPアドレス、無線LANのサブネットマスク、無線LANのデフォルトゲートウェイの設定になります。(※設定値は接続先の無線LANの環境に合わせて変更してください)

fa.ip("192.168.11.2", "255.255.255.0", "192.168.11.1")

それぞれの詳細については、APIガイド - CONFIG 及び Lua関数リファレンス - ip をご覧ください。

EAP-TLSの認証方式には対応しておりません。
フォルダ名の最後に付けている "/" スラッシュは不要です。削除してください。
command.cgi?op=101 は隠しファイル(フォルダ)を除いたコンテンツ数を返します。
対して、command.cgi?op=100 は、全てのファイル(フォルダ)を返すため、数に違いがでます。
command.cgi?op=105 は、FlashAirがアクセスポイントモードに設定されている場合にのみ使用することができます。
アクセスポイントモードについての説明は、無線LANモードの設定 をご覧ください。
command.cgi?op=111 は、FlashAirがカード電源投入時に無線LAN機能を起動するモード(APPMODE=4)に設定されている場合にのみ使用することができます。
APPMODEについての説明は、無線LANモードの設定 をご覧ください。
CONFIGファイルに「UPLOAD=1」が書き込まれているかご確認ください。こちらの設定がない場合、upload.cgiは使用できません。
詳細については upload.cgi をご覧ください。
upload.cgiで行った変更をSDメモリカードホスト機器が認識する方法が無い為、実際にはFlashAirからファイルが削除されているにも関わらず、SDメモリカードホスト機器のOSなどのファイル一覧が更新されていない可能性がございます。
詳細については、upload.cgi の「ご注意」をご覧ください。

以下のようにCGIを繰り返し発行する度に異なるURLとなるよう追加パラメータを設定することで回避できます。

http://flashair/command.cgi?op=...&TIME=100	// 一回目のGETリクエスト
http://flashair/command.cgi?op=...&TIME=101	// 二回目のGETリクエスト
http://flashair/command.cgi?op=...&TIME=102	// 三回目のGETリクエスト
// 以下繰り返し
CONFIGファイルについての説明は、APIガイド - CONFIG をご覧ください。
無線LAN起動中の場合、 Bridge では操作できません。 また、Luaでインターネット同時接続モードへ切り替えたい場合は、CONFIGファイルに「APPMODE=0」と設定し、起動時に無線LANを起動しない状態で操作することを推奨します。
いいえ、できません。無線LAN起動の場合は一旦 Disconnect で切断することで、Scan による操作が可能になります。

SDインターフェース端子のI/O利用 で確認可能です。Luaスクリプトで確認する場合は以下のようにしてください。

local response = fa.request("http://flashair/command.cgi?op=190&CTRL=0x00&DATA=0x00")
local gpio = cjson.decode(response)
local status = gpio["STATUS"]
if status == "OK" then
  -- GPIO機能が有効
elseif status == "SDERR" then
  -- GPIO機能が無効
end

上記のコードの1行目で実行したCGIのレスポンスは、例えば

{"STATUS":“OK", "CTRL":"0x00", "DATA":"0x00"}

となり、STATUSの値により、GPIO機能の状態が判断できます。

  • GPIO機能が有効な場合: "OK"
  • GPIO機能が無効な場合: "SDERR"
基本的にホスト側の処理が優先されます。 また、ホスト側でファイル書き込み中にLuaスクリプトで同一ファイルを読み書きすると、Luaスクリプトの処理が不安定になる場合があります。
FlashAirの消費電流は、SDHCの規格範囲内(最大0.72W@3.6V)です。
ただし、起動時や通信中の電流変動は、一般のSDHC/SDXCメモリカードとは異なる場合があります。
申し訳ありませんが、電力パラメータを変更する方法はございません。ご了承下さい。
Webサーバは、FlashAirのフラッシュメモリ(SDメモリカードとしてアクセスできる部分)のルートディレクトリをドキュメントルートとして動作します。 FlashAirに電源が入っていれば常に起動しております。
SDメモリカードとしてはご利用できますが、Webサーバは正常に動作しません。FlashAirのWebサーバが正常動作するためにはファイルシステムがFATである必要があります。
第1世代はShift-JISです。第2世代(W-02)以降はUTF-8ですが、ASCII、日本語、中国語の範囲のみの対応となります。
W-02シリーズのFlashAirをW-03のファームウェアにアップデートすることはできません。

インターネット同時接続機能に関して、下記の脆弱性が存在します。

1.インターネット接続側ネットワークにあるデバイス(PC等)から認証なしで接続できてしまう
2.FlashAirに記録されているファイルやデータの改ざんや、任意のLuaスクリプトの実行ができてしまう

1の脆弱性は、下記の条件をすべて満たした場合に発生いたします。

  • FlashAirのインターネット同時接続機能が有効である(参照:APPMODE
  • FlashAirとインターネット接続側ネットワークにあるデバイスが、同一アクセスポイントに接続されている
  • FlashAirのIPアドレスがわかっている

2の脆弱性は、上記3つに加えて、下記の条件が満たされた場合に発生いたします。

  • 無線LAN経由での書き込み機能を有効にしている(参照:UPLOAD

本脆弱性は、HTTPサーバの認証を設定することで回避できます。

  • HTTPDMODE — 認証方法
  • HTTPDUSER — Basic認証のユーザ名
  • HTTPDPASS — Basic認証のパスワード、Digest認証のハッシュ値

なお、標準では、インターネット同時接続機能および無線LAN経由での書き込み機能はいずれも無効になっており、本脆弱性の影響はありません。 ご利用者がCONFIGファイルの直接変更またはアプリを利用して明示的に変更しない限り、これらの機能が有効になることはありません。

これらの機能に関する詳しい設定方法は、上級者向けチュートリアル - インターネット同時接続モード および 上級者向けチュートリアル - FlashAirへのアップロード をご覧ください。

各記事内に記載の著者様へご確認ください。
現時点ではArduino Dueに関するライブラリやチュートリアルはございません。 Arduino Unoで動作確認済みのチュートリアルがありますので、そちらをご参考ください。
チュートリアル - Arduino
Eyefi Connectedは、カメラからSDメモリカードを制御することができるカメラ連携機能です。 電源コントロールに対応したEyefi連動機能搭載カメラで使用すると、データ転送中のカメラの電源停止を防ぐことができます。 詳細は下記のページをご確認ください。 https://toshiba.semicon-storage.com/jp/company/news/news-topics/2017/02/memory-20170223-1.html
「Keenai™」アプリケーションでの使用方法については下記のページをご確認ください。 https://help.keenai.com/hc/ja/sections/206542628