概要

FlashAirはWebサーバなので、通常映像は、動画ファイルをダウンロードしてから視聴します。そんな中で、「カメラからの映像をダイレクトに観れないかな」って思うこともあります。実は"HLS"っていう動画配信方法を使えば、ライブ配信ができることがわかりました。

Raspberry PiのFFmpegを使って、"HLS"形式の動画を作成して、FlashAirに保存し続けます。視聴者は、FlashAirにスマートフォン等でアクセスすると、遅延は生じるものの、ライブ配信を視聴できるようになります。


ダウンロード

チュートリアルについては以下のボタンからダウンロードしてください

FlashAir_Tutorial_HttpLiveStream.pdf (382KB)


FlashAirでライブ配信

この記事は、閃 ソラ(@Hirameki_Sora)様から寄稿されたものです。(2016年8月6日)
問い合わせは著者へお願いします。