計測値のグラフ表示

最終更新: 2018/4

概要

このチュートリアルではFlashAir IoT Hubの計測値機能について紹介します。

計測値機能を使うと、例えば温度センサなどから読み出した計測値をグラフに簡単に表示する事が出来ます。


画面の操作方法

画面の「トリガー > 計測値」に最新30分間のデータのグラフを表示しています。

計測値グラフ

計測値は最大5つの値をFlashAirより同時に送信可能で、それぞれグラフに表示されます。

5つのグラフ

どの値が表示されているか分かるように、各グラフには任意の名前を付ける事が出来ます。

ラベル部分をクリックすると編集する事が出来ます。

ラベル
ラベル編集

過去のデータはCSVファイルで一括してダウンロードする事が出来ます。(最新1000件まで)

CSVダウンロード
CSVファイル

計測値の送信

FlashAirより計測値をFlashAir IoT Hubに送信し、グラフに表示する例を紹介します。

事前に ご利用の流れを参考にFlashAirからFlashAir IoT Hubに接続出来る様に準備してください。

サンプルスクリプト

FlashAir IoT Hubからダウンロード出来るサンプルスクリプト bootscript.luaは以下の内容となっています。

なお、本チュートリアルでは計測値に関する処理のみ解説しております。その他の処理については、他のチュートリアルにて解説致します。

bootscript.lua

local iothub = require("iothub")

-- iothub.startPioUpload(0x03)
-- iothub.stopPioUpload()

local cnt = 0
while(1) do
  iothub.runJob()
  iothub.addMeasurement({10, 20, cnt})
  cnt = cnt + 1
  sleep(10000)
  collectgarbage("collect")
end
  • 1行目:
    FlashAir IoT Hub SDKのLuaスクリプトを読み込んでいます。
    SDKにはLuaスクリプトでFlashAir IoT Hubにアクセスする為の関数が用意されおり、FlashAirからセンサーデータを送信する為の処理を簡単に作る事ができます。
  • 9行目:
    FlashAir IoT Hub SDKの iothub.addMesurement({x, y, ...})を使い、FlashAir IoT Hubに計測値の値を送信しています。
    9行目では3つの値を送信しています。
  • 10行目:
    10秒間 sleep し、処理をループする事によって、10秒毎に計測値をFlashAir IoT Hubに送信しています。

実行結果

では、実際に計測値が送信されるか試してみましょう。アクセスポイントに接続出来る場所でFlashAirをカードリーダーなどに入れてください。

計測値グラフ更新

計測値のグラフが少しずつ更新されているのが分かると思います。

本チュートリアルでは、サンプルの値を送信していましたが、サンプルスクリプトを参考にご自身の用途に合わせて変更してみましょう。