1. iOS向けFlashAirアプリ開発の概要

    iOS向けFlashAirアプリ開発のための準備、開発に必要な知識、プロジェクトの作成方法を紹介します。

  2. コンテンツリストの取得

    指定したフォルダにあるファイルの情報を取得して、結果を画面に表示するアプリケーションを作成します。

  3. コンテンツのダウンロード

    command.cgi を使用して取得したコンテンツリストから、選択されたイメージファイルを表示するアプリケーションを作成します。

  4. サムネイルの表示

    command.cgi を使用して取得したコンテンツリストに、 thumbnail.cgi を使用して取得したサムネイルを設定し表示するアプリケーションを作成します。

  5. コンテンツの自動更新

    command.cgi の ファイルアップデート情報の取得 を使用して、FlashAirの更新情報を取得し、同時にコンテンツの更新も行うアプリケーションを作成します。

  6. SSIDとパスワードの変更

    現在のSSIDとパスワードを、任意のSSIDとパスワードに変更できるアプリケーションを作成します。

  7. FlashAirへのアップロード

    FlashAirへのアップロード機能を使ってメモを記録してみます。

  8. フォトシェア

    フォトシェア機能を使ってある日の写真だけを公開するようにします。