config.cgiは、FlashAirの設定を変更するために使います。変更にはMASTERCODEが必要です。複数の項目を同時に変更できます。

パラメータ名 説明 パラメータ例 ファームウェアバージョン
APPAUTOTIME 接続タイムアウト時間の設定 APPAUTOTIME=3000000 2.00.00+
APPINFO アプリケーション独自情報の設定 APPINFO=0123ABCD4567EFGH 1.00.00+
APPMODE 無線LANモードの設定 APPMODE=4 1.00.00+
APPNETWORKKEY ネットワークセキュリティキーの設定 APPNETWORKKEY=12345678 1.00.00+
APPSSID SSIDの設定 APPSSID=flashair 1.00.00+
BRGNETWORKKEY インターネット同時接続用ネットワークセキュリティキーの設定 BRGNETWORKKEY=12345678 2.00.02+
BRGSSID インターネット同時接続用ネットワークSSIDの設定 BRGSSID=myhomelan 2.00.02+
CIPATH WiFi起動画面パスの設定 CIPATH=/DCIM/100__TSB/FA000001.jpg 1.00.00+
New CLEARCODE マスターコードの削除 CLEARCODE=1 3.00.00+
MASTERCODE マスターコードの設定 MASTERCODE=0123456789AB 1.00.00+
New TIMEZONE タイムゾーンの設定 TIMEZONE=36 3.00.00+
New WEBDAV FlashAirドライブ(WebDAV)の設定 WEBDAV=1 3.00.00+

無線LAN機能の自動タイムアウト時間を設定します。単位はミリ秒です。 設定可能な値は、60000から4294967294で、デフォルト値は300000です。
0を指定すると自動停止しない設定になります。ただし、SDメモリカードホスト機器のスリープでカードへの電源供給が遮断された場合などに、停止することがあります。

設定された値はCONFIGファイルAPPAUTOTIME パラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&APPAUTOTIME=3000000&APPMODE=4

アプリケーションが独自で使用する情報を、16ケタの英数字で保存することができます。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルAPPINFOパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&APPINFO=0123ABCD4567EFGH

無線LANの動作モードを設定します。以下のモードがあります。

0 「無線起動画面」のライトプロテクト解除操作で無線LAN機能を起動します。無線LANモードはAPモードです。
2 「無線起動画面」のライトプロテクト解除操作で無線LAN機能を起動します。無線LANモードはSTAモードです。
3 「無線起動画面」のライトプロテクト解除操作で無線LAN機能を起動します。無線LANモードはインターネット同時接続モードです。 (ファームウェア 2.00.02以上)
4 カード電源投入時に無線LAN機能を起動します。無線LANモードはAPモードです。
5 カード電源投入時に無線LAN機能を起動します。無線LANモードはSTAモードです。
6 カード電源投入時に無線LAN機能を起動します。無線LANモードはインターネット同時接続モードです。 (ファームウェア 2.00.02以上)
その他 未定義です。指定しないでください。

APモード、STAモード、インターネット同時接続モードについては、CONFIGファイルの説明をご覧ください。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルAPPMODEパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&APPMODE=4

0-63文字の英数字でのネットワークセキュリティキーを設定します。 無線LANのセキュリティ機能を有効にするためには最低8文字が必要です。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルAPPNETWORKKEYパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&APPNETWORKKEY=12345678

無線LAN識別子(SSID)を、1-32文字の英数字で設定します。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルAPPSSIDパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&APPSSID=flashair

インターネット同時接続モードで使用するインターネット側ネットワークの セキュリティキーを0-63文字の英数字で設定します。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルBRGNETWORKKEYパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&BRGNETWORKKEY=12345678

インターネット同時接続モードで使用するインターネット側ネットワークの 無線LAN識別子(SSID)を、1-32文字の英数字で設定します。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルBRGSSIDパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&BRGSSID=myhomelan

無線起動画面として使う画像ファイルのフルパスを設定します。 無線起動画面とは、無線LANモード(APPMODE)が0,2,3のいずれかである場合に、無線LAN機能のON/OFFを制御するための画像ファイルです。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルCIPATHパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&CIPATH=/DCIM/100__TSB/FA000001.jpg

マスターコードをリセットします。 CONFIGファイルMASTERCODEが削除され、同時にLOCK=1も削除されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&CLEARCODE=1

マスターコードは、SSID(APPSSID)やネットワークキー(APPNETWORKKEY)の設定の際のパスワードとして使われる12ケタの16進数の数字です。 値が設定済みのマスターコードと一致した場合は、同時に指定されたその他の設定をCONFIGファイルの対応するパラメータに保存します。 マスターコードが設定されていない場合は、設定された値がCONFIGファイルMASTERCODEパラメータに保存され、同時にLOCK=1も設定されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB

FlashAirドライブ(WebDAV)動作時に、FATファイル時間からUTC時間へ変換するためのタイムゾーンを設定します。 15分単位を1として-48から54の数字で設定します。
日本は、UTC標準時を0とし、9時間進めたUTC+9であるため、36(9(h)×4(15m)=36)を設定します。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルTIMEZONEパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&TIMEZONE=36

FlashAirドライブ機能を有効にするかどうかを指定します。次の値のいずれかを指定します。

0FlashAirドライブ機能無効
1FlashAirドライブ機能有効(リードオンリーモード)
2FlashAirドライブ機能有効。書き込みを有効にするには、CONFIGファイルにUPLOAD=1を設定する必要があります。

一番新しく設定された値がCONFIGファイルWEBDAVパラメータに保存されます。

設定に成功すると SUCCESS 、失敗すると ERROR が返ります。

リクエスト例:

http://flashair/config.cgi?MASTERCODE=0123456789AB&WEBDAV=1