FlashAirでできること

FlashAirは、SDカードの中に、無線LAN機能とマイコンを内蔵した、iSDIO規格に準拠した機器です。

カメラやPCなど、SDカードスロットを持つ機器(SDホスト機器)は、FlashAirをSDHCメモリーカードとして認識し、データの読み書きを行うことができます。また、iSDIOコマンドをサポートしているSDホスト機器ならば、無線LAN機能のコントロールを行うこともできます。

FlashAirはWebサーバーを内蔵しています。無線LAN親機(アクセスポイント, AP)として動作しているFlashAirに、無線LAN子機(ステーション, STA)として動作しているPCやスマートフォンといった無線LAN機器から接続し、HTTP (HyperText Transfer Protocol) 経由で通信することができます。

FlashAir

  • 無線 - APモードで起動、STAモードで起動、AP+STA同時起動、無線切断、SSIDのスキャンといった無線LANの制御ができます。
  • HTTP - 無線LAN上で、HTTP通信ができます。
  • Webサーバー - FlashAir内のファイルにHTTP GETリクエストを発行することで、ファイルをダウンロードすることができます。また、FlashAirの情報を読み取る、設定を変更するなどの操作が行えるCGI (Common Gateway Interface) が用意されています。
  • スクリプト - Luaスクリプトの実行ができます。
  • PIO - SD端子のPIO制御ができます。
  • SD - 内蔵フラッシュメモリのファイル読み書きができます。
  • その他 - SRAMの読み書きができます。

アプリ作成

FlashAirアプリ作成方法は、制御する機器によって異なります。

FlashAir
FlashAir連携アプリの開発
HTTP制御でスマートフォンアプリやウェブブラウザを使ったインターフェースを作成したい方は、アプリ開発の概要をご覧ください。
  • iOSやAndroidのスマートフォンアプリ
  • ウェブブラウザ

組み込み機器を開発
iSDIOやLuaスクリプトを利用してデバイスを開発したい方は、組み込み機器開発の概要をご覧ください。
  • Arduinoでデバイス作成

FlashAir世代ごとの違い

FlashAirカードには、第1世代第2世代(W-02)第3世代(W-03)の3種類のバージョンがあり、第2世代以降では、SDメモリーカードがClass10に高速化されている、無線LAN通信が高速化されている、といった違いがあります。

また、第1世代はファームウェアバージョン1.00系列、第2世代は同2.00系列、第3世代は同3.00系列の対応となっており、2.00系列ではAPI仕様が大幅に拡張されています。アプリ開発者は、ファームウェアによる挙動の違いに注意し、どのバージョンでも動作するような書き方をする必要があるでしょう。

世代 第3世代 第2世代 第1世代
名称 FlashAir W-03 FlashAir W-02 FlashAir
型番 SD-WE SD-WD/WC SD-WB/WL
SDスピードクラス Class 10 Class 10 Class 6
対応ファームウェア 3.00系列 2.00系列 1.00系列
ファームウェアバージョン文字列 例: FA9CAW3AQ3.00.00 例: F19BAW3AW2.00.03 例: F24A6W3AW1.00.04
List.htmへのファイル一覧埋め込み方法 JavaScriptプログラムとして JavaScriptプログラムとして カンマ区切りリストとして
FlashAirドライブ(WebDAV)
インターネット同時接続モード
長いファイル名
日本語ファイル名
ブラウザユーティリティのカスタマイズ
iSDIOサポート
PIOサポート
Luaスクリプト
CGIコマンド数 command.cgi 25 23 10
config.cgi 12 9 6
thumbnail.cgi 1 1 1
update.cgi 5 5 5

* 第3世代は、ファームウェアバージョン3.00.00の内容です。
* 第2世代は、ファームウェアバージョン2.00.03の内容です。
* 第1世代は、ファームウェアバージョン1.00.04の内容です。



Back to top