FlashAir組み込み機器の開発

FlashAir はiSDIO 規格(SD Specifications Part E7)および無線LAN 追加仕様(同Wireless LAN Addendum)に準拠しています。

カメラやPCなど、SDメモリカードスロットを持つ機器(SDメモリカードホスト機器)は、FlashAirをSDHC/SDXCメモリカードとして認識し、データの読み書きを行うことができます。また、iSDIOコマンドをサポートしているSDメモリカードホスト機器ならば、無線LAN機能のコントロールを行うこともできます。

さらに、Luaスクリプト実行機能により、外部サーバへのファイルアップロード、データのダウンロード、HTMLの動的生成など高度な機能が実現できます。


iSDIOによる制御

FlashAirアプリ開発の概要

iSDIOによる制御では、以下のことができます。

  • 無線 - APモードで起動、STAモードで起動、AP+STA同時起動、無線切断、SSIDのスキャンといった無線LANの制御ができます。
  • HTTP - 無線LAN上で、HTTP通信ができます。
  • GPIO - SD端子のGPIO制御ができます。
  • SD - 内蔵フラッシュメモリのファイル読み書きができます。
  • その他 - SRAMの読み書きができます。

詳しくは、iSDIO APIガイドをご覧ください。


Luaスクリプトによる制御

FlashAirアプリ開発の概要

Luaスクリプトによる制御では、以下のことができます。

  • 無線 - APモードで起動、STAモードで起動、AP+STA同時起動、無線切断、SSIDのスキャンといった無線LANの制御ができます。
  • HTTP - 無線LAN上で、HTTP通信ができます。
  • スクリプト - Luaスクリプトの実行ができます。
  • GPIO - SD端子のGPIO制御ができます。
  • SD - 内蔵フラッシュメモリのファイル読み書きができます。

詳しくは、Lua機能をご覧ください。