FlashAirと対応アプリの開発

FlashAirはWebサーバーを内蔵しています。無線LAN親機(アクセスポイント, AP)として動作しているFlashAirに、無線LAN子機(ステーション, STA)として動作しているPCやスマートフォンといった無線LAN機器から接続し、HTTP (HyperText Transfer Protocol) 経由で通信することができます。

FlashAirデバイス接続の例

HTTPによる制御では、以下のことができます。

  • Webサーバー - FlashAir内のファイルにHTTP GETリクエストを発行することで、ファイルをダウンロードすることができます。また、FlashAirの情報を読み取る、設定を変更するなどの操作が行えるCGI (Common Gateway Interface) が用意されています。
  • スクリプト - Luaスクリプトの実行ができます。
  • GPIO - SD端子のGPIO制御ができます。
  • その他 - SRAMの読み書きができます。
FlashAirアプリ開発の概要

FlashAirとのHTTP通信の種類

無線LANを使ったHTTP通信を用いてFlashAirのデータにアクセスする方法が、Application Programming Interface (API) として定義されています。

ファイルに対するGETコマンド
HTTPクライアントがFlashAir内のファイルに対してHTTP GETコマンドを発行すると、FlashAirはそのファイルのデータを返します。

フォルダに対するGETコマンド
HTTPクライアントがフォルダに対してHTTP GETコマンドを発行すると、ブラウザユーティリティというWebページを返します。ブラウザユーティリティは、通常そのフォルダのファイル一覧を表示するページですが、変更することができます。詳しくは、APIガイドのブラウザユーティリティを参照してください。

CGI (Common Gateway Interface)
特定のURLに対してHTTP GETコマンドまたはHTTP POSTコマンドを発行すると、FlashAirの情報を読み取る、設定を変更するなどの特別な操作が行えます。以下の4種類があります。
  • command.cgi
    FlashAirの情報を取得するためのAPIです。
  • config.cgi
    FlashAirの設定を変更するためのAPIです。
  • thumbnail.cgi
    画像のサムネイルを取得するためのAPIです。
  • upload.cgi
    ネットワーク越しにSDメモリカードの中身を変更するためのAPIです。

FlashAirの設定ファイル

SDメモリカードホスト機器から参照できる/SD_WLAN/CONFIGというテキストファイルを変更することで、FlashAirの動作を制御することができます。詳細はAPIガイドのCONFIGを参照してください。