ブラウザユーティリティ作成ツール

ロゴやダウンロードボタンを変更して、会議やセッション独自のブラウザユーティリティを作成しましょう。

使い方

  1. 基本デザインを選びます。
  2. ロゴに使う画像をアップロードします。
  3. タイトルを記入します。
  4. ドキュメントをリンクするためのボタンを設定します。
    • ファイル名が mydocument.pdfの場合、 http://flashair/contents/mydocument.pdfというファイルにリンクされます。
    • ファイル名にHTMLファイルや、音楽ファイル、動画ファイルなどを指定することもできます。
    • ボタンの数は、右上の で増減できます。
  5. プレビューで出来上がりを確認した後、ダウンロードしてFlashAirに書き込みます。
    • ダウンロードボタンはプレビュー表示ウィンドウの中にあります。
    • FlashAirへの書き込み方法は、このページの下をご覧ください。

設定

基本デザイン

PC、タブレット、スマートフォンサイズに対応しています。

ロゴ

BMP/JPG/PNGフォーマット, 1MBまで. 画像は自動的に縮小されます。

現在のロゴ

画像を選択: 
選択したらアップロードボタンを押してください。

タイトル

ダウンロードボタン

ボタンの数は1~6個です。+-でボタンの数を変更できます。

 

 

作成したブラウザユーティリティの設定方法

  1. FlashAirの /SD_WLAN/ フォルダのバックアップを取っておきます。
  2. ダウンロードしたzipファイルをFlashAirのルートフォルダに展開します。下記のようになります。
    /
    +---contents/
    +---images/
        +---ロゴ画像など
    +---css/
        +---CSSファイル
    +---SD_WLAN/
        +---List.htm
  3. contents ディレクトリにダウンロードするドキュメントを置きます。
    たとえばボタンの「ファイル名」に mydocument.pdfと書いた場合は、 contents/mydocument.pdfとなるように配置します。
    ディレクトリも作成できます。
  4. SD_WLAN/CONFIGファイルを開き、 APPAUTOTIME=0 という行を追加して保存します。パラメータの詳細については、 APIガイド: CONFIGをご覧ください。
  5. 完了したら、FlashAirを一旦PC等から取出してから再挿入し、電源を入れ直します。

なお、上記の手順を実施すると、ブラウザによるFlashAirの画像一覧や設定変更は利用できなくなります。
元に戻す場合は、ダウンロードしたList.htmを削除してバックアップしたファイルを書き戻すか、カードを初期化してください。

動作環境

作成したブラウザユーティリティの動作環境は以下の通りです(期間限定等の特別なブラウザユーティリティを除く)。

  • Internet Explore 8 以上
  • Firefox 27以上
  • Google Chrome 33以上
  • Safari 5以上