CP+ カメラと写真映像のワールドプレミアショー

CP+(シーピープラス)は国際都市・横浜に開催地を移して9年目、“日本カメラショー”時代から数えて50年を越える歴史を持つ、世界をリードする総合的カメラ映像ショーです。前回は66,000人を超える動員を記録し、23種の世界初発表製品が世界に向けて発表されました。

各社からの新製品展示の他、今回は主に若い女性をターゲットにした新企画「Photo Weekend」や、大さん橋ホールで開催するコミュニティースペース「PHOTO HARBOUR」などの新企画が予定されており、ファミリーからプロの写真家までを幅広くターゲットとしています。


「CP+ カメラと写真映像のワールドプレミアショー」概要

開催日時 2018年3月1日~4日 10:00~18:00(初日のみ12:00~/最終日のみ~17:00)
会場 パシフィコ横浜
横浜市西区みなとみらい1-1-1 アクセス
出展場所 G-34
参加費用 1,500円(税込)(ウェブ事前登録で無料)
障がいがある事を証明する手帳を持参の方、小学生以下の方は無料
主催 一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
詳細 公式サイト: http://www.cpplus.jp/
東芝メモリサイト: https://jp.toshiba-memory.com/sp_cpplus2018/index_j.htm

展示物

  • FlashAir

    FlashAir W-04の基本機能を紹介します。
    また、近日公開予定の公式アプリの紹介もあります。

  • NFC搭載SDメモリカード

    近距離無線通信技術の規格「NFC(Near Field Communication)」を搭載したカードです。NFC対応のAndroidTM スマートフォンをかざすだけで簡単に中身を確認することができます。
    イベントでは基本機能を紹介します。

  • Mamolica™搭載SDメモリカード

    NFC搭載スマートフォン等の内部情報やパスワードを用いることにより、SDメモリカードのインタフェースをロック/ロック解除(Mamolica機能)を実現しているカードです。ロックされた状態ではSDメモリカードとして認識されないため、保存されたデータの読み出しやデータの書き込みを行うことができなくなります。また、ロックに使用したスマートフォン等でしかロック解除ができないため、メモリカードの紛失や盗難の際も大切なデータが漏洩するリスクを低減します。
    イベントでは基本機能を紹介します。